PR

自民・二階幹事長「規律の徹底図る」 “高級ラウンジ”白須賀氏の離党届で

PR

自民党・二階俊博幹事長
自民党・二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は17日、緊急事態宣言下で夜遅くに東京都内の高級ラウンジを訪問したことが報じられた白須賀貴樹衆院議員(千葉13区)の離党届提出を受けて、コメントを発表した。コメント全文は次の通り。

 本日、白須賀貴樹議員より離党届の提出があった。今後、党紀委員会の開催を求め、手続きを進めていく。

 政治家の出処進退は自らが決めることではあるが、今回の報道の内容が事実であるとすれば、大変遺憾であると申さざるを得ない。

 国民の負託を得て国政にあたる国会議員は、常日頃から国民の信頼に足る活動をすべきであり、党としても、各議員に対して自らの行動を厳しく律する旨、要請しているところ。

 わが党は、国民の皆さんのご批判を真摯(しんし)に受け止め、より一層、各議員に規律の徹底を図ってまいりたい。

この記事を共有する

おすすめ情報