PR

自民候補に経産官僚内定 4月参院広島再選挙

PR

西田英範氏
西田英範氏

 自民党広島県連は16日、広島市内で選挙対策委員会を開き、公職選挙法違反(買収)で有罪判決が確定した河井案里前参院議員の当選無効による4月の参院広島選挙区再選挙の候補者に、経済産業省基準認証政策課課長補佐の西田英範氏(39)を内定した。近く党本部に公認を申請する。

 県連によると、西田氏は広島市安佐北区出身。小学校から高校時代を主に広島市で過ごし、平成17年に早稲田大法学部を卒業し、経産省に入省した。

 県連会長の宮沢洋一参院議員は記者団に、候補に複数の名前が挙がったが、最終的に西田氏を満場一致で選んだと説明。「地元をよく知る人の方が短期決戦に向いており、戦いやすい」と理由を明かし、「大変厳しい選挙戦を覚悟している」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報