PR

森会長後任の選考、非公開は「一つのやり方」 自民・世耕氏

PR

会見で記者団の質問に答える自民党・世耕弘成参院幹事長=16日午後、国会内(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える自民党・世耕弘成参院幹事長=16日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の世耕弘成参院幹事長は16日の記者会見で、辞任を表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任を決める候補者検討委員会の選考過程が非公開で行われることについて「外部からの影響や圧力を受けないという意味で、メンバーや選考内容を事前に知らせないのは一つのやり方としてある」と述べた。

 次期会長に求められる資質については「あえて条件を申し上げれば、世界各国のスポーツリーダーや元首クラスと選手派遣の直接交渉ができるだけの人脈や経験があり、国内の各種競技団体や東京都などと調整を行えること。スポンサーとの協力関係を維持していけることが求められる」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報