PR

「1日も早い配布を」 ワクチン接種「練馬区モデル」区長が要望

PR

衆院予算委員会で意見陳述を行う参考人の東京都練馬区・前川燿男区長=16日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で意見陳述を行う参考人の東京都練馬区・前川燿男区長=16日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 衆院予算委員会は16日午前、令和3年度予算案に関する参考人質疑を実施した。新型コロナウイルスワクチンの接種に向け、地域の診療所での個別接種を中心とする「練馬区モデル」をまとめた東京都練馬区の前川燿男(あきお)区長が出席し、「ワクチンを1日も早く確実に配布してほしい。医療従事者から接種が始まると聞いているが、全体の配布日程を早く示してもらいたい」と要望した。

 参考人質疑は緊急事態宣言発令に伴い、開催を見送った地方公聴会の代替として行われ、前川氏や東邦大の舘田一博教授(感染症学)らが出席した。

 前川氏は米製薬大手ファイザーが開発するワクチンが、国内で流通する注射器では1瓶あたりの接種回数が当初、見込まれていた6回から5回に減ることに関し、「早めにファイザーの規格にあった注射器の確保に努めていただきたい」とも語った。

 また、舘田氏はワクチンの有効性や安全性について「データを見ると、かなり効果がある。副反応に関しても許容範囲だと感じる」と指摘。ワクチンの接種が進み、感染が収束した場合も「しばらくの間は新しい生活様式を維持するのが大事だ」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報