PR

森会長辞意に公明・石井幹事長「五輪開催への懸念払拭を」

PR

公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)
公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)

 公明党の石井啓一幹事長は12日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任の意向を固めたことについて「本人の判断なので、やむを得ない」と述べた。五輪開催を目前に控える中での辞任となり、「(開催に)影響があるのではないかと懸念がある。懸念を払拭できるように関係者はしっかりと対応してもらいたい」と指摘した。

 後任は日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏を軸に調整が進むことについては「組織委員会の人事なので、コメントは控える」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報