PR

公明幹部「自身が波風立てたから、最後は自身で判断」森会長辞意

PR

記者会見に臨む東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日午後2時1分、東京都中央区(代表撮影)
記者会見に臨む東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日午後2時1分、東京都中央区(代表撮影)

 公明党幹部は11日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任の意向を固めたことについて、産経新聞の取材に対し、「自身の発言で波風を立ててしまったから、最後は自身で(辞任を)判断されたということだろう」と理解を示した。

 森氏の辞任が五輪の開催に影響するとの見方もあるが、「影響が出るのを避けるために判断を引きずらず、このタイミングで決断したのではないか」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報