PR

柴山・自民幹事長代理「やむを得ない決断」 森会長辞意

PR

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、女性蔑視ともとれる発言の責任を取る形で辞任の意向を固めたことについて、自民党の幹事長代理を務める柴山昌彦前文部科学相は11日、産経新聞の取材に「これまで長きにわたり五輪開催のために尽力いただき大変残念だ」と述べた。

 その上で「今回の発言は五輪精神にそぐわないものと考えられる。やむを得ない決断だった」と語った。後任については「困難な中での五輪開催をリードできる方に就任いただきたい」とコメントした。

この記事を共有する

おすすめ情報