PR

「蔓延防止重点措置」は内閣委報告 自公幹事長が方針確認

PR

自民党・二階俊博幹事長
自民党・二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は9日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法で新設した「蔓延(まんえん)防止等重点措置」を新たな地域に適用する際、政府が衆参両院の内閣委員会に報告する方向で野党と調整する方針を確認した。

 緊急事態宣言から重点措置に移行する場合は、議院運営委員会と内閣委に報告する案も申し合わせた。会談に同席した自民党の森山裕国対委員長は記者団に「新しいことなので野党とよく相談をしたい」と語った。

 重点措置適用に関しては、衆参両院が付帯決議で速やかな国会報告を求めている。

この記事を共有する

おすすめ情報