PR

ワクチン接種に万全期すと確認 自公幹事長が会談

PR

会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=9日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=9日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は9日、国会内で会談し、新型コロナウイルスのワクチン接種について、自治体の協力や理解を求めながら、万全を期していくことを確認した。

 会談後、同席した自民の森山裕国対委員長は記者団に「来週前半には(ワクチン接種の)一定の方向性が示されると思っている。一番、国民に安心を与えることになるので、しっかり対応していただきたい」と述べた。

 会談では新型コロナウイルス特別措置法で新設された蔓延(まんえん)防止等重点措置を適用する際は、政府から内閣委員会で報告を受けることも確認した。

この記事を共有する

おすすめ情報