PR

共産・小池書記局長、衆院の喫煙ブースは「撤去すべきだ」 

PR

共産党・小池晃書記局長=1月28日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
共産党・小池晃書記局長=1月28日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 共産党の小池晃書記局長は8日の記者会見で、新型コロナウイルス感染対策上、問題視されるようになった衆院本会議場入り口付近の喫煙ブースについて「撤去すべきだと思う。受動喫煙防止法(健康増進法)の趣旨には明確に反する」と撤去を求めていく考えを示した。

この記事を共有する

おすすめ情報