PR

衆院喫煙ブース「とっぱらったらいい」 国民民主・玉木氏

PR

玉木雄一郎氏
玉木雄一郎氏

 国民民主党の玉木雄一郎代表は4日の記者会見で、衆院本会議場の入り口横に設置されている2つの喫煙ブースについて「とっぱらったらいい。議員や記者も一部いると思うが、『密』になってたばこを吸っているのは、子供に見せられない」と述べ、撤去すべきだとの考えを示した。

 玉木氏は「緊急事態宣言が延長されて、リモートワーク、昼も含めて飲食店での会食は控えようということを国民に強いている。われわれもできることは全てやらなければいけない」と述べた上で「何が一番問題になっているかというと、国民には『あれせい、これせい』と言っているのに、お願いしている議員自身が全部それを守っていない」と指摘した。

 その上で「少なくとも国権の最高機関の、物を決める一番大事な場所の隣に、法律とか行政からの依頼、命令を潜脱するようなスペースがあるというのは即刻やめた方がいい」と語った。

 衆院本会議場入り口付近の喫煙ブースは、改正健康増進法が定める喫煙場所の要件(技術的基準)を満たしていないが、厚生労働省令などで経過措置として設置が認められている。

この記事を共有する

おすすめ情報