PR

立民・泉政調会長「五輪のイメージ傷つく」 「女性」発言の森氏に辞任促す

PR

立憲民主党・泉健太政調会長
立憲民主党・泉健太政調会長

 立憲民主党の泉健太政調会長は4日の記者会見で、「女性がたくさん入る理事会は時間がかかる」と発言した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長に、「本人が身を退くべきではないか」と辞任を促した。

 泉氏は、森氏の発言について、意思決定の場への女性の参加を阻み、国際社会において性差別と受け止められると指摘。「日本国内以上に、世界の意識は敏感だ。東京五輪に対するイメージが大きく傷つく」と語った。

 森氏は3日の日本オリンピック委員会(JOC)の会合で、自身が会長を務めた日本ラグビー協会で議事進行に時間がかかったと指摘しながら、「女性は競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。みんな発言される」などとも語った。

この記事を共有する

おすすめ情報