PR

麻生氏「政治家は行動に責任を」 深夜会合めぐり

PR

衆院予算委員会に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 麻生太郎副総理兼財務相は4日、自民党麻生派(志公会)の会合で、同派所属の松本純衆院議員が緊急事態宣言下の東京都内で深夜に飲食店を訪れていた問題に関し「明らかに不謹慎、軽率、いろいろなそしりは免れない。大変遺憾なことだ」と述べ、「政治家は自らの行動に責任を持たなければいけない。行動に説明をしきらなければならない」と語った。

 麻生氏は「多くの皆さま方に自宅で待機など迷惑をかけている真っ最中、大変軽率な行動で迷惑をかけ、心から申し訳なくおわびを申し上げる」と陳謝した。

 同派の会合の司会は松本氏が務めていたが、この日は事務局長代理の井上信治科学技術担当相が司会を務めた。

この記事を共有する

おすすめ情報