PR

自民・下村氏「党として準備」 河井被告辞職に伴う4月参院広島補選

PR

自民党・下村博文政調会長
自民党・下村博文政調会長

 自民党の下村博文政調会長は3日の記者会見で、一昨年の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪に問われ一審で有罪判決を受けた河井案里被告=自民党を離党=が参院議員を辞職したことについて「誠に残念だ。こういうことが二度とないように、われわれ政治家が自ら襟を正して国民の信頼回復が得られるように一層努力していく必要がある」と述べた。「なぜ辞職したかを含めて、本人がしっかりと説明してほしい」とも語り、河井被告に説明責任を果たすよう求めた。

 河井被告の辞職に伴い予定される4月の同選挙区補欠選挙に関しては「わが党として候補者を選び、準備をすることになると思う」と述べた。衆院北海道2区、参院長野選挙区と合わせ3つの補選となるが、下村氏は勝敗が次期衆院選に与える影響について「時期尚早だ」と述べるにとどめた。

この記事を共有する

おすすめ情報