PR

公明、衆院神奈川6区への擁立見送り 山口代表が明言

PR

遠山清彦氏の辞職意向表明を受け謝罪した、公明党の山口那津男代表=1日午後、国会内(佐藤徳昭撮影)
遠山清彦氏の辞職意向表明を受け謝罪した、公明党の山口那津男代表=1日午後、国会内(佐藤徳昭撮影)

 公明党の山口那津男代表は2日の記者会見で、衆院議員を辞職した同党の遠山清彦氏の公認を決めていた衆院神奈川6区について、次期衆院選では同党からの候補者擁立を見送る方針を明らかにした。「これから候補者を見つけて皆さんにお願いするというのは非常に困難という認識に至った」と述べた。

 同選挙区の候補者をめぐっては、自民党の二階俊博幹事長が2日の記者会見で「公明党の意見も慎重に聞いて決断する。与党で候補者を立てないということはない」と述べている。

この記事を共有する

おすすめ情報