PR

夜の銀座問題「胸に手当てて律して」 自民・二階氏が注意喚起

PR

衆院本会議後、松本純衆院議員ら3名の離党を受け記者団の取材に応じる自民党・二階俊博幹事長=1日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議後、松本純衆院議員ら3名の離党を受け記者団の取材に応じる自民党・二階俊博幹事長=1日午後、国会(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は2日の記者会見で、緊急事態宣言発令中の深夜に自民党議員が東京・銀座のクラブを訪れていた問題に関して、「議員は国民の模範とならないといけない立場なのでそういう問題は論外だ。それぞれ胸に手を当てて自らをよく律していただきたい」と党内に注意を促した。

 二階氏は「子供ではないので党がどうこう言う話ではない。選挙区の皆さんから日頃から注意も指導も受けているはずだ。謙虚に対応してもらいたい」とも語った。

この記事を共有する

おすすめ情報