PR

銀座クラブ同席の田野瀬氏に地元から怒りや失望の声 奈良

PR

 衆院議員で奈良3区選出の田野瀬太道氏が、緊急事態宣言中に、自民党の松本純元国家公安委員長らと深夜に東京・銀座のクラブを訪れていたことが発覚した1日、奈良県内からも失望の声があがった。田野瀬氏は自民党から離党勧告処分を受け同日、離党。文部科学副大臣も更迭となり、地元の自民党県連関係者は対応に追われている。

 「みんなで国会に送り出し、新型コロナウイルスの厳しい現状を乗り越えるために先頭に立つべき人が、このようなことで注目されるのは悲しい」。田野瀬氏の選挙区である奈良県五條市で飲食店を営む男性は、こう嘆いた。

 自民関係者の間にも怒りや困惑が広がっている。 党県連の荻田義雄幹事長は、「国民は怒り心頭と思う。恥ずべき行為であまりにお粗末。離党の報道があるが党本部からの情報がなく、次期衆院選をどうするか困っている」と憤る。

 党橿原市支部長の亀田忠彦橿原市長は「衝撃を受けた。いきさつは分からないが、感染リスクに一番気をつけるべき立場で、弁解の余地はないだろう。残念に尽きる」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報