PR

西村担当相、感染拡大なら緊急宣言視野「医療持たぬ」

PR

西村康稔経済再生担当相(松本健吾撮影)
西村康稔経済再生担当相(松本健吾撮影)

 西村康稔経済再生担当相は30日、東京都で新型コロナウイルスの新規感染者数が非常に高い水準で推移しているとして「感染拡大が続けば国民の命を守るため、緊急事態宣言も視野に入ってくる」とツイッターに投稿した。このままでは「医療が持たない」と指摘し、静かな年末年始を過ごすよう呼び掛けた。

 西村氏は「いつもの冬とは違う」と強調し、東京都を含む感染拡大地域では同窓会や新年会、成人式後の会食などを控えるよう改めて要請した。

 やむを得ず帰省する場合でも、高齢の親族と会う際は「玄関先であいさつするだけで家には上がらないといった配慮が必要だ」とした。

この記事を共有する

おすすめ情報