PR

「先輩の遺産を食いつぶした」 社民・照屋氏が福島党首を公然批判

PR

 社民党の照屋寛徳衆院議員は14日に東京都内で開かれた臨時党大会で、福島瑞穂党首に対し、「あなたが2003(平成15)年に党首になって、10年間で全国の社会党、社民党の党員の皆さん、先輩方が築いた遺産をすべて食いつぶした」と述べ、党首を公然と批判した。

この記事を共有する

おすすめ情報