PR

自民・伊吹氏「学問の自由といえば、ひれ伏すのか」 学術会議で苦言

PR

伊吹文明元衆院議長
伊吹文明元衆院議長

 自民党の伊吹文明元衆院議長は5日の二階派(志帥会)会合で、日本学術会議の会員任命見送りをめぐり、野党などが政府対応を批判していることについて「『学問の自由』といえば、みんな水戸黄門の印籠の下にひれ伏さないといけないのか」と苦言を呈した。

 また、学術会議会員が特別職の国家公務員であることを指摘し「一方的に政治的な問題について声明を出すとか、学術会議の肩書を持って政治的な発言をすることは自粛しないといけない」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報