PR

地上イージス代替は「新型艦」軸に 自民国防議連

PR

 自民党国防議員連盟(会長・衛藤征士郎元衆院副議長)は23日、党本部で会合を開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策を含む「新たなミサイル防衛に関する提言」をまとめた。

 地上イージスの代替策については「新型イージス艦(の導入)案を軸に検討を深化すべき」とし、防衛省が例示した石油採掘などで用いる「海上リグ」に地上イージスの構成品を載せる案と、大型艦船に構成品を載せる「弾道ミサイル防衛(BMD)専用艦案」に否定的な見解を示した。

 リグ案については「魚雷など敵の攻撃に極めて脆弱(ぜいじゃく)」とし、専用艦案に関しても「自己防護機能が低い」と説明。米海軍が新型イージス艦を導入することなどを指摘し、米軍との連携や自己防護の観点から新型イージス艦案が望ましいとした。

この記事を共有する

おすすめ情報