PR

菅首相「アイム・ヨシヒデ・スガ」 米国務長官相手に対面外交デビュー

PR

ポンペオ米国務長官(左)とグータッチを交わす菅義偉首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)
ポンペオ米国務長官(左)とグータッチを交わす菅義偉首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)

  菅義偉首相は6日、来日中のポンペオ米国務長官と官邸で会談し、「自由で開かれたインド太平洋」を目指す安倍晋三政権の路線を継承する意向を表明した。北朝鮮による拉致問題解決に米政府の協力を求めたのに対し、ポンペオ氏は「日本の取り組みを引き続き全面的に支持する」と述べた。外国要人との対面での会談は首相就任後初めて。首相はこの後、ポンペオ氏に加えオーストラリア、インドの外相とも面会した。

 「アイム ヨシヒデ・スガ。ウエルカムトゥトーキョー」

 ポンペオ氏、ペイン豪外相、ジャイシャンカル印外相の表敬訪問を受けた首相はテーブルを挟んで3氏と向き合い、緊張した面持ちでこう切り出した。

 政府は「自由で開かれたインド太平洋」を実現する上で米豪印3カ国との連携を中核的な要素と位置付ける。首相も3カ国を重視する姿勢を示しており、中国の習近平国家主席と会談する前に3カ国首脳との電話会談を行っている。

 首相は3氏との会談で「新型コロナウイルスの感染拡大で国際社会はさまざまな課題に直面している。今だからこそ、このビジョンを共有する多くの国々と連携を深め、具体的な協力を積み重ねていく必要がある」と強調した。

 首相はこれに先立ち、ポンペオ氏と単独で面会し、新型コロナに感染したトランプ大統領夫妻について「早期全快を祈っている」と表明した。ポンペオ氏は来夏に予定する東京五輪・パラリンピックの開催に関して「全面的に支持する」と述べた。

 両氏はまた、日米同盟を一層強化するとともに、日米豪印4カ国の枠組みで連携することも一致した。両氏は握手の代わりに勢いをつけてグータッチし、日米の連携をアピールした。

この記事を共有する

おすすめ情報