PR

上川法相、定年延長の検察庁法改正案「再提出検討」

PR

会見に臨む上川陽子法務相=16日夜、首相官邸(佐藤徳昭撮影)
会見に臨む上川陽子法務相=16日夜、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 上川陽子法相は16日夜の就任記者会見で、通常国会でいったん廃案となった、検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案について「改正部分についてさまざまな意見があったと承知している。関係省庁と協議し、再提出に向けて検討したい」と語った。

 黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題を受け、森雅子前法相が設置した「法務・検察行政刷新会議」に関しては「できる限り早期に議論の結果を示せるよう努力したい」とした。

 上川氏は会見の冒頭、「現在の法務省は国民の信頼が損なわれている状況にある」と指摘。「職員との対話を徹底的に行い、負の遺産があれば整理をし、信頼回復を図りたい」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報