PR

中国船の領海侵入過去最長 沖縄・尖閣周辺、30時間超

PR

尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)
尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)

 第11管区海上保安本部(那覇)は5日、沖縄県・尖閣諸島周辺で4日に領海侵入した中国海警局の船2隻が引き続き領海内にとどまっていることを確認、3日に記録した30時間17分を超え、2012年9月の尖閣国有化以降、過去最長となったと明らかにした。

 尖閣周辺での領海侵入は今年16日目。2隻は4日午前2時25分ごろから相次いで領海に侵入。近くで操業中の日本漁船に接近しないよう、海保の巡視船が安全を確保している。2隻は2~3日も領海内に長時間とどまり、操業中の日本漁船に接近しようとする動きを繰り返した。 11管は5日、領海外側にある接続水域でも別の中国船2隻の航行を確認。うち1隻は機関砲のようなものを搭載している。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは83日連続で、国有化以降で最長の連続日数を更新した。

この記事を共有する

おすすめ情報