PR

大阪府がキャッシュレス決済のアプリ開発へ

PR

 大阪府は2日、新型コロナウイルス対策として独自に運用している感染者追跡システムと連動した新たな飲食店向けのアプリを開発すると発表した。追跡システムに登録した飲食店で客がスマートフォンから注文し、キャッシュレス決済できる仕組み。対面や接触による感染リスクを下げ、キャッシュレスを推進すると同時に、クラスター(感染者集団)封じ込めに向けて追跡システムの普及を図る狙いがある。

 開発するのは「スマートくいだおれアプリ」(仮称)で、8月中の導入を目指す。

 府によると、飲食店は、府のホームページで追跡システムのQRコードを取得する際にアプリをダウンロード。店で提供するメニューの内容や金額をアプリに登録すれば、自動で注文を受けられるように府がシステムを開発する。

 客は飲食店でQRコードをスマホなどで読み取り、府のサイトにアクセスしてメールアドレスを登録すると、府から登録完了メールが届く。メールには店のサイトのアドレスが掲載されており、料理の注文や割引サービスの利用に加え、キャッシュレス決済もできるようにする。

 キャッシュレス決済システムは事業者を公募して手数料をできるだけ抑え、飲食店側の利用を促す。

 府は今後、総務省が計画しているマイナンバーとキャッシュレス決済を活用したポイント還元キャンペーンと連携し、追跡システムと新たなアプリの普及を目指す。

この記事を共有する

おすすめ情報