PR

虎ノ門ヒルズ駅 4つの複合ビルと接続、ビジネス拠点に

PR

 6日に東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」が開業する東京・虎ノ門地区は、森ビルなどが大型複合ビルを建設中で、国際ビジネス拠点としての整備が進んでいる。虎ノ門ヒルズ駅は地下通路を通じて、4つの複合ビルや銀座線の虎ノ門駅と接続するため、虎ノ門地区の新しい中心拠点としての役割が期待されている。

 虎ノ門ヒルズ駅は同駅の北にある虎ノ門駅やバスターミナルと接続する。周辺には外資系企業や大使館が多数立地し、東京五輪に向けて国際ビジネス拠点としての整備が進む虎ノ門地区の交通結節点となる見通しだ。

 さらに、虎ノ門ヒルズ駅からは歩行者通路を経由して、森ビルにより平成26年に完成した虎ノ門ヒルズ森タワーと、今年1月に完成したビジネスタワーに接続する。今月完成予定の野村不動産の東京虎ノ門グローバルスクエアや、令和5年7月完成予定の虎ノ門ヒルズステーションタワー(仮称)にも接続するなど、虎ノ門地区では大型複合ビルを拠点とした再開発が進んでいく。

 ただ、新型コロナウイルスの感染防止に向けた取り組みなどで、虎ノ門地区のビジネス拠点としての需要の減退や、開業から5年後には8万人を見込んでいた1日の乗降客の伸び悩みも予想される。虎ノ門ヒルズ駅整備の事業主体となった都市再生機構(UR)の桜井邦夫担当部長は「周辺開発にどう影響が出るか調査したい」と、状況の変化を精査していく考えだ。

この記事を共有する

おすすめ情報