PR

茂木外相「一方的で遺憾」 韓国のWTO手続き再開

PR

茂木敏充外相
茂木敏充外相

 茂木敏充外相は2日の記者会見で、日本の対韓輸出管理の厳格化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)での紛争解決手続き再開を表明したことについて「輸出管理当局間で対話が継続してきたにもかかわらず、韓国側が一方的に発表を行ったことは遺憾だ」と述べた。

 日本は昨年、軍事転用の恐れがあるフッ化水素などの半導体材料3品目の輸出管理を厳格化し、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国(グループA)」から韓国を除外した。茂木氏は「輸出管理の見直しは、その運用実態に基づいて行われるべきだとの考えに変わりはない」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報