PR

自民・二階幹事長「早期解散の必要性は感じていない」

PR

自民党・二階俊博幹事長(春名中撮影)
自民党・二階俊博幹事長(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は1日の記者会見で、衆院解散・総選挙の時期について問われ、「早期解散の必要性を感じているわけではないが、明日解散があってもいい」と述べた。その上で「党はそれだけの準備をしている。いつでも来い。さあ来いという気合を込めて国政運営している」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報