PR

官房長官、専門家会議の議事録「専門家らと今後相談」

PR

会見に臨む菅義偉官房長官=1日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=1日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は1日午前の記者会見で、新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議の議事録が作成されていなかった問題に関し、専門家からも作成を求める声が上がっていることを踏まえ「担当部局において脇田隆字座長をはじめ構成員の先生方と今後相談していく」と述べ、議事録の作成を検討していく考えを示した。

 菅氏は、専門家会議の記録について第1回目の会議で専門家らに率直に議論してもらうため、発言者が特定されない形の議事概要を作成することで了解を得ていたと重ねて説明。その上で、「5月29日の専門家会議で、構成員から議事概要のあり方をもう一度検討してもよいのではないかという意見があった」と述べた。

 また、菅氏は専門家会議の速記録は保存されていると明らかにした。

この記事を共有する

おすすめ情報