PR

人事院の答弁修正に苦言 検事長定年めぐり公明幹部

PR

 公明党の北側一雄中央幹事会会長は20日の記者会見で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長をめぐる法解釈答弁を修正した人事院給与局長に苦言を呈した。「定年延長の経緯を分かっているはず。正確にきちんと答弁してもらいたい」と述べた。

 定年延長の法解釈を変えて国家公務員法を適用した政府判断に関しては「検察官は一般職の公務員であり、国家公務員法が原則適用されるのは当然だ」と理解を示した。

この記事を共有する

おすすめ情報