PR

枝野代表、新型肺炎を受けた改憲議論は「悪乗り」

PR

立憲民主党の枝野代表
立憲民主党の枝野代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、中国発の新型コロナウイルスによる肺炎の流行に伴い、憲法を改正して「緊急事態条項」を新設すべきだとの意見が自民党などから出ていることを批判した。

 「悪乗りというか悪用というか、本当に大変な危機になりかねない。人命に関わっている問題を憲法改正に悪用しようとする姿勢は許されない」と語った。

 「感染症の拡大防止のために必要な措置はあらゆることが現行法制でできる。それを運用するのかどうかという行政判断の問題だ。憲法とは全く関係ない」とも述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報