PR

「疑惑の中での歴代最長は皮肉」立民・安住氏、首相の在職日数歴代最長更新で

PR

野党国対委員長会談に臨む各党の国対委員ら。中央は立憲民主党・安住淳国対委員長=20日午後、国会内(春名中撮影)
野党国対委員長会談に臨む各党の国対委員ら。中央は立憲民主党・安住淳国対委員長=20日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は20日午前、安倍晋三首相の通算在職日数が戦前の桂太郎を抜いて歴代最長となったことについて、首相主催の「桜を見る会」の疑惑に言及した上で「行政府を司る最高権力者が疑惑を持たれている中で、そうした日を迎えたのは皮肉だ」と述べた。

 首相は同日、官邸で記者団に「薄氷を踏む思いで緊張感を持って歩みを始めた初心を忘れずに、全身全霊をもって政策課題に取り組んでいきたい」と語った。安住氏はこれに対し「薄氷が割れて落ちていく可能性はある」と指摘。「国会で説明して汚名返上を図ったらどうか」と話した。

 同日の衆院内閣委員会では、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が今年の桜を見る会の招待客の推薦枠に関し、自民党関係者の推薦が6000人、安倍晋三首相が1000人だったと明らかにした。安住氏はこれに関し「公費を使った桜を見る会を、自民党、安倍首相の選挙運動に利用していたということがはっきりした。徹底的に問いただしていきたい」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報