PR

対馬振興策の強化を 自民「尊厳と国益護る会」が政府に要望書

PR

安倍晋三首相へ長崎県対馬に関する申し入れを終え、記者団の質問に答える日本の尊厳と国益を護る会・青山繁晴代表幹事ら=18日午後、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相へ長崎県対馬に関する申し入れを終え、記者団の質問に答える日本の尊厳と国益を護る会・青山繁晴代表幹事ら=18日午後、首相官邸(春名中撮影)

 自民党の「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)は18日、国会内で会合を開いた。韓国資本による不動産買収が進む長崎県対馬市について協議し、対馬への旅行者の航空運賃引き下げなどを含む振興策の強化に政府が取り組むよう求める要望書をとりまとめた。青山氏らは同日、首相官邸を訪れ、岡田直樹官房副長官に要望書を手渡した。

この記事を共有する

おすすめ情報