PR

国民・玉木代表、韓国の対応批判 日本の優遇除外「報復なら協定上も根拠なく不適切」

PR

国民民主党全国青年大会に臨む玉木雄一郎代表=8月22日、国会内(春名中撮影) 
国民民主党全国青年大会に臨む玉木雄一郎代表=8月22日、国会内(春名中撮影) 

 国民民主党の玉木雄一郎代表は18日の記者会見で、韓国が安全保障上の輸出管理の優遇対象から日本を除外する措置を施行したことについて「報道で見る限り、今回の(日本による韓国除外)措置の報復として行ったということだ。世界貿易機関(WTO)協定上も根拠がない。適切ではないし、やめるべきだ」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報