PR

「長浜-蓮舫体制」発足 立民参院会派が議員総会

PR

立憲民主党の参院議員会長に就任した長浜博行氏=12日午後、長野県軽井沢町
立憲民主党の参院議員会長に就任した長浜博行氏=12日午後、長野県軽井沢町

 立憲民主党の参院会派は12日、長野県軽井沢町のホテルで開いた議員総会で、蓮舫参院幹事長と芝博一参院国対委員長の再任を決定した。既に就任が承認された長浜博行参院議員会長を含めた新体制が発足した。長浜氏は「立民のアイデンティティーと立党の精神、政策を大切にしなければいけない」と強調した。

 立民と国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」は17日に3党派代表会談を開き、衆参両院での会派合流後の幹部人事などを協議する方針。立民幹部は長浜、蓮舫両氏を新しい参院会派代表と幹事長に起用するよう求める構えだ。

 議員総会後には枝野幸男代表が講演。国民などとの会派合流に関し「現在進行形で結論は出ていない」と述べるにとどめ、合流交渉が難航していることを示唆した。

この記事を共有する

おすすめ情報