PR

社民・吉川幹事長「人材の払底感が極まっている」

PR

社民党・吉川元幹事長(春名中撮影)
社民党・吉川元幹事長(春名中撮影)

 社民党の吉川元幹事長は11日、第4次安倍晋三再改造内閣について談話を発表し「全く代わり映えがしない。『友だち重視』と『在庫一掃』の起用だ」と批判した。

 談話は「ポストのたらい回しも顕著であり、人材の払底感が極まっている。新鮮味もなく全く期待もできない。首相が悲願とする改憲に向けたタカ派・極右色が一層強まっているが、改造ではなく退陣こそ求められている」とこき下ろした。

この記事を共有する

おすすめ情報