PR

松井・維新代表「党内配慮型」 内閣改造を評価

PR

松井一郎大阪市長
松井一郎大阪市長

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は11日の記者会見で、第4次安倍晋三再改造内閣について「適齢期、待機組もうまく活用した、党内に配慮した形かなと。憲法改正に向けた『党内配慮型内閣』だろうなというイメージだ」と語った。

 一方、同党の馬場伸幸幹事長は「適任と思う方もいるが、本当にこの方で大丈夫なのかなと思う方が残念ながらいる」と指摘。「やるかやらないか分からない内閣」と命名し、「社会保障の抜本改革や規制改革などいろんな課題がある。本当にやれるのか、非常に不安視される」と述べた。国会内で記者団に語った。

この記事を共有する

おすすめ情報