PR

自民・上野氏、疑惑を否定 在留資格申請の口利き報道

PR

 自民党の上野宏史衆院議員は11日、週刊誌で報じられた外国人労働者の在留資格を巡る口利き疑惑を否定した。党本部で記者団に「違法なあっせん、口利きをしたり、お金を受け取ったりした事実はない」と述べた。上野氏は、報道などを踏まえ、厚生労働政務官を辞任していた。

 週刊文春が公開した音声が自身のものであることを認めた上で、野党側が求める議員辞職には応じない考えを示した。

 この日は自民党役員人事が行われた。上野氏は、新執行部了承のための臨時総務会が開かれる時間帯に萩生田光一幹事長代行と面会し「お騒がせし、党に迷惑を掛けた」と謝罪した。萩生田氏は「議員として説明責任を果たし、職務に努めるように」と求めた。

この記事を共有する

おすすめ情報