PR

厚労省、「暑い・狭い・暗い・汚い」職場環境改善へ

PR

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館の外観=東京都千代田区(納冨康撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館の外観=東京都千代田区(納冨康撮影)

 厚生労働省が「暑い・狭い・暗い・汚い」と評される省内の職場環境改善に乗り出す。若手職員が先月、働き方改革に向けてまとめた提言を受け、不満の多い省内の暑さ対策や照明の改善に取り組む。根本匠厚労相が10日の閣議後の記者会見で発表する。

 先月の提言は、20~30代を中心とした若手チームが延べ2千人以上の職員にアンケートなどを行いまとめたものだ。オフィス環境に関する調査では「温度管理(夏が暑い)」に対する不満が最も多く、83%に上った。夜間の残業の際にはTシャツや短いズボンに着替えて仕事する職員も多い。

 提言を受け、熱中症対策のため、職員の卓上の温度が28度を超えた場合は、柔軟に温度調節を行えるようにする。節電で点灯制限を行う廊下の照明は暗く、「気分がめいる」との声もあったため、明るくする。

 中央省庁最大の予算規模を誇る厚労省の業務は多岐にわたり、残業も多い。「拘牢(こうろう)省」「強制労働省」などと自虐的に語る職員もいる。アンケートなどには「生きながら人生の墓場に入った」「家族を犠牲にすれば仕事はできる」といった切ない声も寄せられた。

この記事を共有する

おすすめ情報