PR

「首相は在職何十年?」アフリカ首脳が質問

PR

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の全体会合で発言する安倍晋三首相=28日午後、横浜市(宮崎瑞穂撮影)
第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の全体会合で発言する安倍晋三首相=28日午後、横浜市(宮崎瑞穂撮影)

 安倍晋三首相は31日夜、東京都内のフランス料理店で神奈川県の黒岩祐治知事やタレントの片岡鶴太郎さんらと会食した。出席者によると、11月に通算在職日数が桂太郎元首相を抜き、歴代最長となる見通しであることが話題となった。首相はアフリカ開発会議(TICAD)のため来日した首脳から会談時に「何十年(首相を)やっているんですか」と聞かれたことを披露し、笑いを誘った。

 首相の在任期間は第1次内閣から通算約7年8カ月。アフリカ諸国では大統領に十年単位で在任する例もある。会食で首相は「長くやればいいわけではない」と実績作りに意欲を示した。

この記事を共有する

おすすめ情報