PR

「口利きの事実ない。大変遺憾」 政務官辞任の上野氏コメント

PR

参院財政金融委員会で答弁を行う上野宏史厚生労働政務官。右は麻生太郎副総理兼財務相=6月18日、午後、国会内(春名中撮影)
参院財政金融委員会で答弁を行う上野宏史厚生労働政務官。右は麻生太郎副総理兼財務相=6月18日、午後、国会内(春名中撮影)

 外国人労働者の在留資格をめぐる口利き疑惑を一部週刊誌で報じられたことを受け、厚生労働政務官を辞任した自民党の上野宏史衆院議員(48)=衆院南関東ブロック=は28日、「法令に反する口利きをした事実はない。このような報道となり大変遺憾だ」とのコメントを出した。

 コメントはその上で「政務官の立場にあることで誤解を招きかねないとの指摘もあること、また、体調を崩し役所に出ることがままならないことから、職を辞することとした。支援者の皆さま、関係者の皆さまに心よりおわびを申し上げる」と陳謝した。

この記事を共有する

おすすめ情報