PR

枝野、玉木、志位、福島、小沢氏も…岩手知事選、野党党首ら集結

PR

岩手県知事選の応援演説に駆け付けた立憲民主党の枝野幸男代表(左から3人目)と野党幹部ら=28日午後、盛岡市
岩手県知事選の応援演説に駆け付けた立憲民主党の枝野幸男代表(左から3人目)と野党幹部ら=28日午後、盛岡市
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の枝野幸男代表ら4野党の幹部は28日、そろって盛岡市に入り、岩手県知事選(9月8日投開票)で4選を目指す現職の応援演説を行った。先の埼玉県知事選で勝利の原動力となった野党共闘をアピールし、現職への支持を訴えた。

 枝野氏は「一握りは裕福になるかもしれないが、多くの国民の暮らしは置いてけぼりではないか」と安倍晋三政権を批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は「国政の野党みんなでそろって当選させよう」と訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は「野党共闘こそ日本を変え、岩手をよくする一番の力がある」と強調した。演説には社民党の福島瑞穂副党首と小沢一郎衆院議員(岩手3区)も駆け付けた。

この記事を共有する

おすすめ情報