PR

自民・二階幹事長「候補擁立が責務」 10月の参院埼玉補選に意欲

PR

自民党・交通安全対策特別委員会で発言する二階俊博幹事長(左)。右は平沢勝栄委員長=27日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影) 
自民党・交通安全対策特別委員会で発言する二階俊博幹事長(左)。右は平沢勝栄委員長=27日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影) 

 自民党の二階俊博幹事長は27日の記者会見で、事実上の与野党一騎打ちとなった25日投開票の埼玉県知事選で、自民、公明両党が推薦した新人候補が敗れたことについて「残念な結果になった。しっかりと分析して、選挙態勢の再点検を行っていきたい」と語った。

 参院埼玉選挙区の補欠選挙(10月27日投開票)への対応に関しては「いついかなる選挙でも候補者を擁立し、国民の皆さんの協力を頂きながら対応していくことは政権政党の責務だ」と述べ、県連と相談しながら擁立作業を進める考えを示した。

この記事を共有する

おすすめ情報