PR

二階幹事長「北の揺さぶりを憂慮」 自民党が緊急会合 北ミサイル

PR

23日、記者団の質問に答える自民党の二階俊博幹事長=東京・永田町(春名中撮影)
23日、記者団の質問に答える自民党の二階俊博幹事長=東京・永田町(春名中撮影)

 自民党は24日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮核実験・ミサイル対策本部(本部長・二階俊博幹事長)の緊急役員会を開いた。韓国との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の影響や、北朝鮮のミサイル技術進展を懸念する声などが上がった。

 「韓国が破棄したGSOMIAが影響していることはないのか」

 二階氏は緊急会合の冒頭で、北朝鮮の弾道ミサイル発射についてこう述べた。また、「韓国の決定を北朝鮮が誤ったメッセージとして受け取り、揺さぶりをかける意図があるとすれば憂慮せざるを得ない」との懸念も示した。

 会合に出席した議員からは、GSOMIA破棄後の情報量減少や、ミサイル発射後の対応を懸念する声も上がった。

 「北朝鮮の新型ミサイルが日本に飛んできたら、本当に打ち落せるのか」

 こう疑問を唱えた議員もいた。

 政府側からは、弾道ミサイルへの初動対処は日米の連携を軸に行っており、GSOMIA破棄の影響は限定的であることなどが説明されたという。

 会合後、出席者の1人は、「政府がこれまでのように『飛(ひ)翔(しょう)体』ではなく『弾道ミサイル』とすぐに公表したことは評価できる」と語った。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報