PR

自民・二階幹事長「党と政府が一致結束してきた結果」 首相在職、戦後最長に

PR

記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=23日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=23日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は23日、安倍晋三首相(党総裁)の通算在職日数が同日で計2798日となり、戦後最長の佐藤栄作氏と並んだことについて「安倍政権に対する国内外の多くの関係者の協力の下、さまざまな課題に党と政府が一致結束して取り組んできた結果だ」と述べた。党本部で記者団の取材に答えた。

 二階氏は、安倍首相の総裁連続4選に関して問われると「(首相の)決意、判断によるところが大きい。そういう決断をされた場合は、全力を尽くして党としても国民の一人としても支援したい」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報