PR

GSOMIA破棄 立憲民主党の枝野代表、見解は「政調会長の談話の通り」

PR

立憲民主党・枝野幸男代表(春名中撮影) 
立憲民主党・枝野幸男代表(春名中撮影) 

 立憲民主党の枝野幸男代表は23日、韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄について国会内で記者団に「政調会長名で談話を出している。あの通りだ」と述べるにとどめた。

 立民は22日、逢坂誠二政調会長名で「日韓両国の関係悪化を安全保障の分野にまで持ち込む韓国政府の姿勢は、決して容認できるものではない。米国政府にとってもGSOMIA破棄など望む状況であるはずもなく、今回の決定で利益を得る国がどこなのかを考えても、今回の決定は極めて遺憾であると断ぜざるを得ない」などとする談話を発表した。

この記事を共有する

おすすめ情報