PR

GSOMIA破棄 岩屋防衛相発言要旨「失望禁じ得ず、極めて遺憾」

PR

防衛省で取材に応じる岩屋防衛相=23日午前
防衛省で取材に応じる岩屋防衛相=23日午前

 GSOMIAは日韓、日米韓の安全保障分野での協力と連携を強化し、地域の平和と安定に寄与していると認識していた。これまで毎年自動延長され、日韓双方にとって意義ある役割を果たしてきた。北朝鮮のミサイル発射事案でも、有用な情報交換がなされた。

 日韓間にさまざまな案件があるのは事実だが、わが国周辺と地域の安保環境が厳しさを増す中、日韓、日米韓の連携は重要だ。GSOMIAが継続されるべきだというわが国の意思は再三にわたって伝えてきた。

 それにも関わらず韓国政府が終了を決めたのは現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応で失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ。韓国側に強く抗議した。

 日本側として対応に非は全くない。わが国の安全の確保に支障が一切ないよう日米関係を基軸に万全を期す。韓国側には再考と賢明な対応を強く求めたい。

この記事を共有する

おすすめ情報