PR

「立ち退き応ぜず」IR誘致に反対 横浜港運協会

PR

港湾事業団体「横浜港運協会」の藤木幸夫会長は会見で誘致反対を強調した=23日日、横浜市中区
港湾事業団体「横浜港運協会」の藤木幸夫会長は会見で誘致反対を強調した=23日日、横浜市中区

 横浜市がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致方針を表明したことを受け、候補地の山下ふ頭(同市中区)を拠点とする港湾事業団体「横浜港運協会」の藤木幸夫会長は23日、誘致に反対する記者会見を開き、「立ち退きには応じない」と訴えた。

 藤木会長は会見で、「賭博場を作り、ギャンブル依存症患者を増やすような状況にしてはいけない」などと述べ、市側との対決姿勢を鮮明にした。

 市ではIR誘致の理由として、税収増の見込み、観光業の遅れ挽回、少子高齢化への対応-などを掲げている。しかし同協会側は「すべてカジノがなくても実現可能」と主張。今後も反対を続けていく方針を示した。

この記事を共有する

おすすめ情報