PR

GSOMIA破棄で韓国世論は二分

PR

韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の報を受け、歓迎するデモ参加者たち=22日、ソウルの日本大使館前(AP)
韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の報を受け、歓迎するデモ参加者たち=22日、ソウルの日本大使館前(AP)

 【ソウル=名村隆寛】韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに対し、韓国では賛否両論が出ている。

 23日付の韓国各紙は1面で大きく報道。保守系の中央日報は社説で「韓日の葛藤を悪化させるのはもちろん、安保の軸である韓日米三角安保協力も揺るがすのは明白だ。安保上の国益を考えれば誤った判断に違いない」と批判。「韓国政府は日本と永遠に敵対していくのか問わざるを得ない。日本はもちろん米国が韓国を信頼できる同盟と思うだろうか」と訴えた。

 左派系のハンギョレ紙は社説で、いわゆる徴用工訴訟での韓国最高裁判決に「貿易報復で応じる日本政府に韓国政府が強力な警告を発信するのは不可避な選択だ。安倍政権は今回の決定を自ら招いたも同然ということを謙虚に受け止め自重する必要がある」と日本の責任を強調した。

 政界では、与党「共に民主党」が論評で「韓国政府の決定を尊重する。安倍政権が経済報復を撤回し、韓国と韓国国民を尊重する姿勢で対話と協力に再び出てくることを期待する」とコメントした。

 最大野党「自由韓国党」は「理性を失った決定」と強く批判。「伝統的な韓米同盟と韓米日協力よりも朝中露側の体制に入ろうとする内心を見せたのではないか」(羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)=ナ・ギョンウォン=院内代表)などと批判している。

 韓国ではGSOMIA破棄決定の以前から文在寅(ムン・ジェイン)政権を糾弾する集会が日々行われており、今後、拡大する可能性がある。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報