PR

北方領土の一括返還訴え 北海道・東北国民大会

PR

北方領土返還要求北海道・東北国民大会で登壇した元島民の坂本セツ子さん=23日午後、札幌市
北方領土返還要求北海道・東北国民大会で登壇した元島民の坂本セツ子さん=23日午後、札幌市

 北方領土返還要求北海道・東北国民大会が23日、札幌市で開かれた。道や東北6県などでつくる実行委員会が主催し、元島民や自治体関係者など約600人が参加。領土問題解決へ進展が見られない中で「これ以上、歳月を費やすことは許されない。四島一括返還の実現を目指し、粘り強く運動に取り組む」とする大会宣言を採択した。

 今年で48回目。登壇した歯舞群島・勇留(ゆり)島出身の坂本セツ子さん(93)=札幌市=は「元島民には四季折々の暮らしの中で、平和で心豊かな生活があった。他国の規制なく、自由に往来できることを願う」と訴えた。

 大会長を務める北海道の鈴木直道知事はあいさつで、日本とロシアが目指す北方領土での共同経済活動をめぐるロ側視察団の北海道訪問などの動きに触れ「取り組みの着実な前進を期待する。外交交渉の進展を後押しするためには、国民一丸となった世論の喚起が重要だ」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報